うつ病は心の弱さは関係ない

うつ病は、心の弱さからなるとよくいわれていましたが、今年、ほぼ全員が感染しているヒトヘルペスウイルス6の遺伝子がうつ病の原因となるたんぱく質を作っていると発表しました。

そのたんぱく質は疲労やストレスなどでうつ病患者の8割が影響を受けていることがわかっており、血液検査で調べることができるそうです。


その人がうつ病になりやすいかを調べて、生活習慣や働き方を調整していくことでうつ病を予防することができる。うつ病は、心が弱いからや自分の責任でなる病気では決してないということだけでも、かなり救われる人がいるのではないかと思いました^ ^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする